深いほくろでも医院での治療で綺麗に除去できます|自慢肌へチェンジ

色んな治療法がある

診察

顔にあらわれるほくろですが、原因や状態に合わせて施術方法を選んでおくことにより、綺麗に除去することが可能になります。なお、根が浅ければレーザーで除去するという方法があるため、傷のケアが面倒であり、不安という人でも受けやすいでしょう。レーザー治療にも様々な種類があり、主にスイッチヤグレーザーや炭酸ガスレーザーが挙げられます。ピンポイントで照射を行なっていくため、傷も最小限に抑えることができます。他にも短時間で施術が完了するということで、気軽に受けることができ、入院の必要もありません。このような治療を取り入れている美容外科は多いため、ほくろにまつわるコンプレックスを簡単に決別することが期待できるでしょう。なお、照射にも技術力が求められるため、実績が豊富な医院を選んでおくことが重要になってきます。

ほくろの根が深いようであれば、外科手術を利用して取り除くという方法もあります。最適な方法といったら高周波メスやくりぬき、切除縫合が挙げられます。6ミリより根が深いほくろや、もりあがっているほくろに効果的であり、再発の可能性が少ないといわれています。なお、傷が完治するまで長い時間が掛かってしまうため、定期的に美容外科に通ってケアを受けることが重要になってきます。また、外科手術なら保険が適用される場合もあります。ほくろのタイプによって対応は変わるため、カウンセリングを通して疑問点を解消していくことが大切でしょう。また、傷が化膿したり、完治が遅くなったりしないように免疫力を高めていくことも求められます。睡眠を十分にとり、栄養も摂取するようにすることで傷の回復がしっかり行なわれ綺麗な肌に整えていくことができます。

治療を受けるとなったらほくろが悪性でないかどうかも検査を進めておく必要があります。悪性となると特殊な手術が必要になってきます。また、細胞が他の部位や臓器に転移していないかもチェックしておくことが大切です。特にメラノーマは悪性のほくろの中でも深刻視されています。広がり方や色も通常のほくろと比較して不自然であるため、そのような兆候が見られたら早めに医師に相談をしておくことが肝心になります。治療に対応している医院は増えつつあるため、安心してほくろ治療が受けられるところが見つかればコンプレックスや病気の悩みと決別することが叶うでしょう。他にも実際に治療を受けた人の体験談を知っておくことも、より良い治療を受けるために重視しておきたいポイントであるといえます。

To Top