深いほくろでも医院での治療で綺麗に除去できます|自慢肌へチェンジ

炎症にならない対策

婦人

ほくろを除去するとなると、その後の傷のケアも必要になってきます。レーザーを使用して皮膚を切ることなく除去が可能といわれていますが、しばらくは炎症に悩まされることになるでしょう。施術の際には麻酔を施すため、痛みを感じることは全くありません。なお、数時間経てばじんじんと痛みを感じるようになるでしょう。必要に応じて痛み止めを処方してもらえるということで、飲むことによってこれらを軽減することができます。数週間の辛抱であるため、ケアを視野にいれて治療の計画を立てておくことが肝心になるでしょう。

痛み以外にも傷によるへこみや赤みをなくすためのケアも肝心になってきます。外用薬を塗布することにより、治癒力を高めていき元の肌に変わるように整えていきます。なお、傷に刺激を与えることは厳禁であり、洗顔や外出の際の紫外線に注意を払っておくことが肝心になるでしょう。特に根が深いほくろとなると傷口は敏感であるため、施術直後は医療用テープなどで完全に保護をしていきます。医師からもアフターケアを進めてもらえるので、自分でのケアだけでは不安という場合に積極的に相談をしておきたいところでしょう。半年くらい傷に注意を払っておくことで全く分からないレベルまで整えていくことができます。

確実にほくろを除去する方法として切除縫合が挙げられます。なお、ほくろよりも倍の大きさの傷ができるため、他のほくろ治療と比較して傷のケアの手間は大きいといえます。手術を受けた日のシャワーは避けておき、なるべく休養をとっておくことが大切なポイントであるといえます。また、菌による炎症も心配されるため、かゆみや痛みによるストレスが深刻化しないよう丁寧にケアを進めておくことが大切です。テープを貼って保護することが第一であるため、定期的に美容外科に通って処方してもらう必要があります。また、かさぶたになっても余計な刺激を与えることにより出血を起こしてしまうリスクがあります。数日経過した場合でも警戒は必要でしょう。

ほくろ治療はどれも傷のケアを伴うということで、手術を受ける際には免疫力を安定させておくことが大前提となります。女性であればホルモンバランスにより免疫力が不安定になる場合もあります。クリニックでは事前に無料カウンセリングを通してほくろ治療のスケジュールを提案してくれます。身体の調子が良いと期待できる日を選んでおくことで、施術当日のトラブルを回避することができます。また、近くの医院であればすぐに帰宅をして休息が取れるので、身体への負担も考え医院の場所も決めておく必要があります。

To Top